上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
というコンテストで

「入選」いたしました。

2007の時も入選だったので今回はもチョイ上にいけるかなあ、
と淡い期待を抱いておりましたが、、、

やっぱりそんなさもしい態度でいる人間にはよい結果は付いてきません。
いや、そもそも選ばれている時点で誇るべきことですからね。

このコンテスト、来年から休止してしまうそうです、、、残念です。
再開した暁には、ばっちし最優秀賞(の賞金)を狙っていこうと思います。


東レDCA2008
スポンサーサイト
という展覧会が、まもなく開催されます。

この展覧会はIAMASのHD contents making projectと言う
高解像度の映像コンテンツの可能性を考え・制作するプロジェクトの学外展です。

在学中、僕はこのプロジェクトのメンバーでした。
その当時に、フルHDのアニメーション作品を2作品ほど制作しておりました。
これらは残念ながら習作の段階で終わってしまいました。(いつか作り直したい・・・)
そんな縁で今回は参加することになりました。

が、今回展示する私の作品はHD作品ではなく、「無機植物相」というCGの静止画です。

僕の作品だけコンピュータが介入しない展示形式なので、
出展作品の中ではちょっと異質かもしれません。

しかし、HDとは略称で、
映像のアスペクト比率が16:9、有効画素数が1920×1080,1440×1080などの
高解像度映像のことを指しますが、
HDという語はHigh Definition(ハイディフィニション)=高精細の意味であり、
その点においては(作品のサイズにもよりますが)印刷のほうがおそらく勝っているでしょう。

とまぁ、そんな感じの展覧会が豊田市美術館で開催されます。

どの作品もとても質の高いモノばかりですので、
ちょっと微妙な立地ではありますがわざわざ見に行く価値はあると思います、、たぶん。

では、よろしくどーぞ。


再生される肌理II -digital images of contemporary art-
2009.3.11 wed.- 3.15 sun. 10:00 - 17:30
豊田市美術館 市民ギャラリー
先日、無事に修士課程を修了することが出来ました。

僕は植物画(とちょっとアニメーション)しか制作していませんでしたが、学位は「メディア表現」です。

それにしても大学院てのはあっという間ですね。

大学四年間をぐ~たらしていたせいなのか、

ものすごく濃密な二年間だったような気がします。なんだか

日々、活路を見出そうと苦悶していたように思います。そして、

結果、作品と呼ぶに値するものを制作出来たと思います。しかし、

結局、どこ行く当てもなくもう少し研究生として残ることにしました。

二年間で作品と論文を完了するのはかなり難しいです。

僕のように美大芸大出でない、論文も書いたことのない人間にはなかなか厳しいです。

完全なものなどないのかもしれないですが、自分の作品は一体なんなのか?

もう一年(じゃ足らないと思いますが)ぼ~っと考えたいと思います。

とはいえ、

今後も相変わらずいろいろ~と作っていこうかとも思っておりますので、

その際はこちらで紹介したいと思います。何卒よろしくお願いいたします。

また、最近嬉しいことに作品を購入したいとかWEBを作って欲しいとか、ご意見ご感想がありました。

近いうちにどちらも整備しようと考えておりますで、

こちらの方も合わせてよろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。